なぜジスロマックが性病の治療に効くのか

ジスマックはクラミジアなどの性病にも効くお薬です。
なぜジスロマックが性病の治療に効くのでしょう。
ジスロマックはマクロライド系抗生物質です。
グラム陽性菌に有効です。
黄色ブドウ球菌やインフルエンザ菌にも効果があります。
主に病原菌のタンパク合成を阻害することで抗菌する働きがあります。
抗菌効果により、「皮膚感染症」「呼吸器感染症」「尿道炎」「子宮頸管炎」「骨盤内炎症性疾患」などの感染症治療に効果があります。
性病の中でもクラミジア性と淋病からくる尿道炎があります。
クラミジアなどはペニシリン系やセフェム系の抗生物質があまり効きません。
今まではこの2種類の性病に対して、各々に合った薬が処方されていました。
しかしジスロマックは両方の病原菌に効果があります。
ジソロマックはなぜ両方の効くのかというと、細菌以外にも効果があるからです。
ですから、どちらに感染していても一つの薬で治療することができます。
服用方法は1回2錠(500mg)を一日一回服用します。
そしてこれを飲みきるだけで効果が7日以上続きますので、この1回の服用で完治することが多いです。
また、治療としてだけではなく、尿道炎の予防としても使用することができます。
性感染症予防薬として、認知されてきています。
ジスロマックは副作用が少ないお薬です。
時として、嘔吐あや下痢・胃痛などの胃腸の症状が見られますが、基本的に心配する必要ありません。
気になるようでしたら、胃薬等服用します。
他には、発疹や発赤、かゆみなどが現れることがあります。
また稀に重い症状として肝機能障害があげられます。
倦怠感や食欲不振が見られる場合は、医師の診察を受ける必要があります。
ジスロマックは飲み合わせに注意が必要な薬なども少ないので非常によく使われます。

↓それでも心配な方はこちらもご覧ください。
バルトレックス:バラシクロビル│通販でヘルペス・帯状疱疹を治療